ファーストビュー ファーストビュー

AIリスク管理プラットフォーム「feve」

防犯カメラとAIを組み合わせることで、
新型コロナウィルスの感染拡大に
つながるリスクを検知。
さらに感染・濃厚接触者が発生した場合には、
その行動を分析して感染拡大に
関するリスク評価を行う。

無償トライアル実施中
※一部エリア限定

詳しくはお問合せください

feve(フィーブ)の機能

リスクの検知

防犯カメラ映像およびサーモグラフィー映像をAIにて解析し、発熱や咳などの症状、人が密集している状態、近距離での会話や発声が行われる状態(密接)、マスクの有無といった状態を検知し、感染リスクを通知します。

※検知システムは株式会社VAAKの 「VAAKEYE+」を採用。

警備スタッフによる対応

必要に応じて、専任の警備スタッフが現場へ急行。検温器を持参し、状況の把握を代行します。

ダッシュボードによる危機管理

リスクを検知後、感染者の関連部署や対応部署、保健所やビルオーナー等へアラート通知。緊急時に漏れなく速やかな対応でリスクマネジメントを実現します。

位置情報分析

社員に配布する端末にSDKを組み込むことにより、位置情報をトラッキング。感染者の動きを把握して、万が一の感染拡大の可能性を可視化します。

※トラッキングシステムはレイ・フロンティア株式会社の「SilentLog Analytics」を採用。

想定される活用シーン

金融機関

不特定多数の来訪者が多く、感染リスク拡大の可能性が高い施設などを監視します。

医療施設

来訪者、従事者双方の感染リスクを自動検知し、問題を早期に発見します。

宅配サービス

集配センターなどで配達員の感染リスクを検知し、問題発生時に位置情報トラッキングを行います。

お問合せフォーム

無償トライアル実施中
※一部エリア限定