消費税増税で想定されるデジタルリスク


概要

SNSの普及で、消費者・ユーザーの声は大きな力を持つようになっています。ときに、予期せぬ不確かな情報の発信で、企業が風評被害を受ける事例も少なくはありません。

今回は、国民の関心が集まる消費税増税での想定されるデジタルリスクのレポートを作成しました。 過去3回の消費税増税時のSNS上の論調を調査し、企業の風評被害に繋がりうる企業活動の分析を行いました。
また、今回導入される軽減税率に関する消費者の反応を分析することで、今後企業が対応を迫られる内容の調査も行いました。

このような調査を元に、企業が行うべき対応方針をまとめ、リスクを低減した状態で消費税増税を迎えられるサポートを出来ればと思います。

こんな方におすすめ

・風評被害による売上低下などを避けなければならない経営者様
・企業の情報発信を行う広報部門の方
・企業のリスク管理を行うコンプライアンス部門の方

サマリ

このホワイトペーパー資料では、下記のことをお伝えします。
・過去の増税時におけるSNS炎上の状況
・今回の増税時におけるSNS炎上の予測
・消費税増税に関する現状の消費者の反応(2019年6月)
・企業に求められる対応方針

発行日:2019年8月6日

入力フォーム

ご入力いただいたメールアドレス宛に資料のダウンロードURLを記載したメールを送付します。
メール本文からダウンロードいただき、資料をご活用ください。
※フリーメールをご利用の場合、正常にダウンロード出来ない場合がございます。企業メールアドレスをご利用ください。