内部脅威検知サービス|Webポータルサンプル


概要

様々なログデータを分析し、、従業員の振る舞いを検知するInternal Risk Intelligence(内部脅威検知)サービスは、情報持ち出しや内部不正等のリスク予兆を可視化し、リスクを未然防止することが可能です。不正な行動パターン『リスクシナリオ』をベースに、ユーザーの属性やログデータを相関分析することで、サービスを提供しています。

具体的にどのようなログを相関分析することでリスクをあぶり出すのか、また、どのようなリスクを検知し、アラート通知が出来るのかを実際に検知したリスク例が実際のWebポータルにどのように表示されるのかをまとめました。

社内からの脅威が高まる中で、行動分析に基づく新たなリスク検知サービスの報告レポートサンプルを御覧ください。

こんな方におすすめ

・社内からの情報漏えい対策を検討中の経営者様、コンプライアンス部門の方
・IT資産ツールを導入しているが、リスクの未然防止を行えていない情報システム部門の方
・テレワーク期間の不就労や過剰労働の実態把握を行いたい人事部門の方

サマリ

このホワイトペーパー資料では、下記のことをお伝えします。
・リスク検知ユーザーのリスク分析(具体的な行動例)
・リスク検知ユーザーへの対応レポート

更新日:2020年5月25日(発行日:2019年7月25日)

入力フォーム

ご入力いただいたメールアドレス宛に資料のダウンロードURLを記載したメールを送付します。
メール本文からダウンロードいただき、資料をご活用ください。
※フリーメールをご利用の場合、正常にダウンロード出来ない場合がございます。企業メールアドレスをご利用ください。