1. エルテス
  2. >
  3. 資料一覧
  4. >
  5. 【資料】従業員を守るために、テレワーク下で求められる労働時間管理

従業員を守るために、テレワーク下で求められる労働時間管理


概要

2020年に開催予定だった東京オリンピック・パラリンピック期間の交通機関の緩和を目的として、テレワークの推進が提唱されていましたが、実態として思うようにテレワークの導入が進んでいませんでした。

しかし2020年2月に日本国内でも新型コロナウイルスの罹患者が発見され、急速に感染拡大していく中で、人と人との接触機会を低減することを目的に、テレワークの推進が求められました。

テレワークの導入に際しては、セキュアな環境構築や情報セキュリティ対策が課題となり、各社ともに情報システム部門が対応に追われました。その結果、当初と比べてセキュアなテレワーク環境を実現しつつある企業も多いのではないでしょうか。

一方、テレワーク環境が継続する中で、セキュリティ面だけでなく、労務面の問題も指摘されつつあります。特に、長時間労働に関する不安が従業員、企業などから聞かれます。

今回は、厚生労働省が提唱するテレワーク環境での労務管理のあるべき姿を中心に、テレワーク下の労働時間管理が必要な理由とその方法をまとめました。

こんな方におすすめ

・労務担当者
・コンプライアンス担当者
・管理職

サマリ

・テレワークにおける課題
・企業に求められる従業員の労働時間把握方法
・働き方改革における長時間労働の是正の動きと実態

発行日:2021年2月16日

入力フォーム

ご入力いただいたメールアドレス宛に資料のダウンロードURLを記載したメールを送付します。
メール本文からダウンロードいただき、資料をご活用ください。
※フリーメールをご利用の場合、正常にダウンロード出来ない場合がございます。企業メールアドレスをご利用ください。