解決できる課題

会社の重要情報の外部流出を防ぎたい

まずはお気軽にお問い合わせください

よくある悩み

重要情報の外部流出対策で悩んでいませんか?

職者が営業秘密情報を転職時に持ち出すことを防ぐため対策手段を考えている
従業員がSNS等で会社の重要情報を公開することを防ぎたい
会社内で機密情報を持ち出す動きがないか調べたいが、時間がかかり調査し切れていない

企業の課題

重要情報の外部流出のリスクとは

企業には、顧客リストや製品・サービスの根幹となるノウハウ、仕入れ情報など、企業のコストと努力によって積み重ねられてきた重要情報が多く存在します。近年、その重要情報を従業員・退職者が持ち出す情報漏えいが増加しています。

重要情報の持ち出しは、持ち出した本人が不正競争防止法違反に問われるなどキャリアに影響するのはもちろん、持ち出された情報は何かしら利用目的・価値があるため、会社の経営や取引先関係、競合他社との関係に大きく影響する原因になります。

この数年で多くの企業のテレワーク化が進み、職場以外で情報にアクセスできるように環境が整えられたことで、情報持ち出しが容易に行われる環境が整ってしまった企業も少なくありません。また、それらのインシデント把握までに多くの時間を要する問題もあります。
会社を守るためにも、重要情報の外部流出を防ぐための対策・体制構築が求められています。

解決に向けたアプローチ

重要情報の外部流出に備えたリスク対策

従業員の情報持ち出し・セキュリティリスク行為の早期検知
SNSに社内の重要情報が漏えいした際に拡散前に検知
自社に潜む情報漏えいリスクや行動の可視化

サービスのご紹介

課題を解決するサービスのご紹介

従業員の情報持ち出し・セキュリティリスク行為の早期検知

サービス:Internal Risk Intelligence(内部脅威検知)

PCのログデータを分析することで、従業員が故意に重要情報を持ち出そうとする行動の予兆を検知します。重要情報が保管されているフォルダへのアクセスやセキュリティポリシーを逸脱した行為の検知にも活用できます。

SNSに社内の重要情報が漏えいした際に拡散前に検知

サービス:Webリスクモニタリング

自社に関するSNSの投稿を24時間365日モニタリングすることで、万が一重要情報が漏えいした場合も早期に発見し、広く拡散される前に対応します。SNSという膨大な情報の海に対してエルテスが監視を代行することで、リスクマネジメントに対する企業の負担やリソース不足を解決します。

自社に潜む情報漏えいリスクや行動の可視化

サービス:内部リスク診断

過去数か月のログデータを元に、社内に潜む情報漏えいリスクを可視化します。管轄外のフォルダへのアクセスや、許可されていないオンラインストレージサービス・ファイル共有サービスへのアクセスなど情報持ち出しの予兆となる行動が過去に起きてないか調査し、レポーティングします。

導入事例

その他の解決できる課題はこちら

CONTACT
見出し2装飾

上場しているからこその透明性の高いサービスを提供
1,000社以上への提供実績

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
デジタルリスクに関するお役立ち資料を
ご用意しています