Vizkey(金融犯罪調査ツール)

まずはお気軽にお問い合わせください

不正検知・不正利用対策

膨大なデータの繋がりを可視化し、不正行為や犯罪の発見をサポートする情報分析ツールを提供します。

Vizkeyとは?

お金の流れや人間関係、アクセス情報、通信情報などの様々な形式のデータを複合的に組み合わせて分析します。単一のデータでは見えなかった繋がりを横断的に把握し、社内犯罪調査やユーザーの犯罪調査が可能な新しい情報分析ツールです。

Vizkeyの特徴

データ形式の異なる複数のデータの
分析が可能
データの繋がりを可視化
見えづらいリスクを未然に検知

活用事例

活用事例1
マネーロンダリングに活用されるなどの口座の不正利用を防ぎたい

【課題】
金融機関の評判にも関わるマネーロンダリングに関与している不正利用口座を特定し、ブランド保護やユーザー保護に取り組みたい。しかし、特定は非常に難しく、困っている。
【提供】
データソースの異なる銀行口座の属性情報や口座間の取引情報を複合的に分析することで、資金の流れを明確化。不正利用に関連する口座の特定をVizkeyでサポート。

活用事例2
サイバー攻撃対策として、そもそも自社が狙われているのかを検知したい

【課題】
サイバー攻撃の対策を行うだけでなく、自社のサイトがサイバーアタックの標的になっている可能性があるのか調査し、未然に攻撃を予知したい。
【提供】
通信元IPアドレスやドメイン情報、マルウェア情報を横断的に分析することで、サイバーアタックのリスクを可視化。リアルタイムで分析し続けることで、サイバー攻撃前の調査行動を検知し、リスクに備える環境をサポート。

活用事例3
世の中に流通する違法薬物の取引データを捜査に活かしたい

【課題】
様々な協力機関から収集したデータをうまく活用して捜査業務を効率化させたいと考えている。しかし情報のつながりを見出せず、データ活用出来ていない。
【提供】
船荷証券情報、通話記録情報、ギャングのブラックリストや口座情報を横断的に分析することで、見えない繋がりを可視化させ、違法薬物使用の捜査をVizkeyがサポート。

導入事例

CONTACT
見出し2装飾

上場しているからこその透明性の高いサービスを提供
1,000社以上への提供実績

お電話でのお問い合わせはこちら
(平日10:00~18:00)
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください
デジタルリスクに関するお役立ち資料を
ご用意しています